インザ ダーク ダンサー

♨ 純粋に観ていて楽しいのですが、セルマの実際の境遇、彼女が辿っていく悲劇のことも考えると、ぞっとするようなところがあります。

3
インザ ダーク ダンサー

🤗 では、そう感じた理由を自分なりに分析していきます。 監督は多数の精神疾患を抱えており、トラウマ体験なども作品に反映されているようです。

17
インザ ダーク ダンサー

🖕 彼女はアメリカのとある町の工場に勤めていて、息子であるジーンと2人で暮らしています。 セルマは町工場の勤めで、裕福ではないが警察官のビルとその妻・リンダの家にあるトレーラーハウスで平穏に暮らしている。 本作の監督ラース・フォン・トリアーは、デンマーク映画界を牽引する鬼才として『奇跡の海』 1996年 や『ドッグヴィル』 2004年 といった話題作、問題作を多数発表。

インザ ダーク ダンサー

😔 もう、あらすじだけでも胸糞悪すぎて観る気が失せる内容ですよね。 でも受け入れられない。 手術が成功したということは、彼女の生きる意味を全うしたということでもあった。

6
インザ ダーク ダンサー

🤫 このまま何も語らなければ死刑となってしまうが、 セルマは一切真実を口にしない。 遺伝性の病気で視力が徐々に失われていく主人公が同じような病気になるかもしれない息子のために懸命に働き、手術代を稼いでいくという話。 これを受けて、目標とした東京優駿へは直行というプランもあったが、状態の回復が早く 、トライアル競走のに出走。

7
インザ ダーク ダンサー

💢 そして死刑執行当日、女性刑務官が教えてくれた通りに歩数を数え、絞首台までの道を踊りながら移動する空想をしていました。 セルマを罠にかけて貯金の隠し場所を知ったビルはとうとう金を盗み出し、さらに口封じのためセルマが自分に迫ったとリンダに吹き込んで、敷地からも追い出そうとする。

インザ ダーク ダンサー

😒 最悪のバッドエンドがある意味ハッピーエンドに見えてきた では、改めてこの映画を観直した私の感想です。 ビルは警察官で自分の家の隣のトレーラーにセルマを住まわせてあげており、セルマにとっては恩人でした。 世の中には 「衝撃のラスト」との見出しが出る作品がしばしばあるが、 この「ダンサーインザダーク」ほどに 「衝撃のラスト」を感じる作品を今までに観たことが無い。

1
インザ ダーク ダンサー

😩 それを教えてくれたのがセルマだった。 何故そんなことをするのか分からないセルマは悲しくなり泣き出してしまいます。

1
インザ ダーク ダンサー

🐾 彼女の世界、価値観は一貫していてそこは憎めない。 セルマは裁判中であっても一貫して お金の使い道については語らない。 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』はセルマが手拍子や周囲の人々の生活音、機械などの環境音でリズムを取り、歌って踊るシーンも見どころです。

14