詩 銀色 夏生

🙏 放送後にウェブ上では「はじめて銀色さんの声を聞いた」「感動した」との声が長年のファンの間からもあがっている。 愛より早い ものはない あなたとふたりで行きたい場所があります。

19
詩 銀色 夏生

🖖 いや、必ずしもやさしいとは言えない。 net 文壇の詩人とか文学が好きな人からは こんなの詩じゃないと言われるような、意味不明の文の切れ端みたいだった、 けどそれがよかった。 青春のバイブル「君のそばで会おう」 きっと誰もが恋する辛さ、苦しさを味わったことがあるでしょう。

19
詩 銀色 夏生

👇 都市ガスで20m3前後使っていれば、4000円も納得の金額です。

3
詩 銀色 夏生

😁 だって、運命よりもあの人の方が大事だもの。 そうだ、私は運命に負けない。

20
詩 銀色 夏生

☘ 空は遠く、どこまでも薄く、輝くように広がっている。 私は結局、何かを作るのが好きだし、何かを作るのが好きな人が、好きなのだ。 なので、それについてする動作といえば、裏返すとか向きを変えるだけであって、開くなどということはできません。

詩 銀色 夏生

😭 風に千切れた歓喜の笑顔 言葉はいつも後ろに流れ 聞き返す度に時は過ぎる また来てねとまた来るね 風が強いねと本当にね 思うことがひとつであるほど 沈黙は深くなりあらゆるすき間に沈む そして私たちは許し続ける おろかな足跡も 生きていくことのおかしさも 時間の川を流れる 水の上をすべるように暮らす 本当に必要なもの 必要でないもの 大切なもの 大切でないもの 興味をひかれるもの ひかれないもの 力を与えてくれるもの うばわれるもの どこへ行っても それらは 私と共に 私のかたわらを 時間の川を流れる 水の上をすべるように暮らす 傷つく時の清らかさ 口ぐせの星の言葉とまぶしさ なめらかな表面に 重なり合う 光と影 あなたを ふたたび目にする時 私たちは 別のものとして出会うでしょう 普通に切れてく関係じゃないでしょ 水しぶきが彼女を見えなくした 好きなものを追いかけよう 嫌いなものを批判するより 好きなものを追いかけよう そして 自分の好きなことに関しては 誰の言うことも気にするな 好きなものを追いかけよう あなたの心が 目に見えた 泣いてたワン あなたのこと よくわかると 思ったの そして そのあとで でも わからないと 思ったの わからないと 思うことが 必要だと 感じたの 自分が今、 本当に 思っていることを 話している人は少ない 今、したいことをしているという 自覚があれば 生きることは、 こんなに楽しいことはない 自分が思っていることをできるだけ素直に言うってことを、 これからはやってみたいの。 タイトルは謎多い。

13
詩 銀色 夏生

😈 当時高校3年生、失恋に似たとある出来事によって傷心の身だった私に、この詩が深く突き刺さった。 A ベストアンサー どちらもおかしいです。 僕は考えるけど、むしろ人生でかけがえのない存在に触れた瞬間の記憶、数えるしかないほどに衝撃的な経験の素晴らしい自分らしさから詩人は生まれて来るべきだとさえもいえるかのようだ。

2
詩 銀色 夏生

❤️ 「それよりおまえさあ、ケツで物、はさんだことない?」なんていうとりとめのない会話がかわされ、みんなでご飯を食べてテレビを見て、というお話。