の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

💋 「今はあの人を助けるのが先よ!」 少しの葛藤の後、悲鳴の聞こえる方に走ったユリアの目に映ったのはついさきほどユーストにこてんぱんにやられた男が女性に詰め寄る姿。 フェーズ公爵は、万が一皇帝が正気に戻ってきたときのために他国のうち恨みを抱いている王族とのつながりを残していたのだった。 恐れるものなんてなかったのに… なのに皇帝に騙された!! ガタン。

の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

🤣 聞える叫び声にくるりと向きを変えたユリアは勢いよく走りだしました。 。

17
の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

☘ フェーズ公爵の不正は最初は規模が小さかったが、年々大胆になっていっていた。

13
の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

😀 そして、つぐみは、フェーズ公爵の不正を理由にしたら処罰を止められると気づき、幽閉等に行くと決めました。 うあああっ、そう声を上げる男は腕の中に女性を抱きこむユリアを睨みつけ、声を上げると殴り掛かってきました。 現在、帝国の勢力はこの3つです。

の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

⌚ これからもこの人たちが、笑顔でいられるように頑張らないとね 小説の中と現実、どちらもさほど変わらない風景に改めて志を新たにしているとふと耳元で声が聞こえます。 木に腰を掛けた彼女は、待ちくたびれていながらもほほ笑んでいるのだった。 そして、反逆を阻止するためにユリアがしたことを思い出しました。

13
の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

🐾 つぐみは幽閉塔に向かい、かつてユリアが閉じ込め処刑命令までも下した罪人達を釈放します。

15
の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

☎ ご注意ください。

の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

👌 このままではフェーズとユリアに不満を持った反逆軍に命を奪われてしまうのですから… 多少強引であろうとも、つぐみは少しも引けません。 「お嬢さんも騎士なのかい?」 騒がれるユーストから少し離れたところで酒を飲んでいるユリアに声を掛けた一人の老婆。 しかし、急に口が開かなくなった。

14
の 皇帝 小説 なっ の に 悪女 た ネタバレ 中

☺ 「お前は今までそんなやり方で仕事を処理していたのか?」 つぐみは「追放」したのにもかかわらず、フェーズが独断で塔へ幽閉したことを問うています。 暴君の姿はわざと演じていたと言うユリアに、ベヌース伯爵は納得できる話ではないから半分だけ信じると返答したのだった。

13