歌詞 さすらい

👉 父もこの曲を寂しく聞いていたのかも知れない、などど思って聴いています。

17
歌詞 さすらい

⚒ 参考とした資料です: 1. 澤木興道聞き書き 年譜、 酒井得元、 講談社学術文庫。 達筆で何が書いてあるのか分かりませんがいつか解読してみたいと思っています。 さすらいの唄 北原白秋 中山晋平 行こか戻ろか オーロラの下を ロシアは北国 はて知らず 「行こか戻ろか 北極光(オーロラ)の下を」が歌いだしの『さすらいの唄』は、作詞:、作曲:により、6年(1917)に発表された楽曲。

7
歌詞 さすらい

👊 2. 敗残の記、 藤岡明義、 中公文庫他。

7
歌詞 さすらい

🤭 尚、特に『さすらい』の「間奏」(1番-「間奏」-2番)は素晴らしいの一言です。 この歌とともに父が思い出されます。 一方、Sulu諸島の玉砕地Jolo島で停戦も知らずに飢えと寒さの中で山中をさまよい、現地住民の襲撃に僅かに生き残った80余名が来島した米軍に救出されたのが1945年9月下旬ですが、この時にJolo島生き残りの方が一時期収容されていたのがレイテ島パロ高地にあった収容所です。

20
歌詞 さすらい

♨ この歌に魅かれて何度も繰り返して聴いています。 奥田民生さん『さすらい』の歌詞 サスライ words by オクダタミオ music by オクダタミオ Performed by オクダタミオ. 0kHz 量子化ビット数:24bit• このコラムは最近、拝見するに至った偶然のほかに、2つのことを偶然に知ったことが重なっています。 父は支那のある町の警備隊長をしていて町を去るときその市長から贈られたという書が田舎の家の掛け軸にかけてあります。

歌詞 さすらい

⚓ 3. レイテ戦記 全3巻、 大岡昇平、 中公文庫。 投稿: 焼酎百代 2015年7月18日 土 22時16分 少し前に老人は悲しい歌、淋しい歌が好きです、という投稿がありましたが私もその例にもれません。 これは先生の遺品として譜面と共に発見されてる。

8
歌詞 さすらい

♥ スポーツマンで怖い存在の父を私は子供の頃ずっと超えられない壁と感じ、いつしか憎しみも感じ遠ざけていましたが、人づてに「戦争で友達は皆死んだんだから俺もいつ死んでも良いんだ」と呟いていたと聞き、また玄関に並べてある父の靴をみてずいぶんと小さいんだな、と感じその超えられない壁がガラガラとくずれて行くような気がしました。 「ギハロの浜辺」を持ち帰られた先生は大ヒット曲「さすらい」に生まれ変わっていたことも知らずに亡くなられたそうだ。 父と母は別居していて小さい頃私は時々父の家に遊びに行き父と一緒の布団で寝るのが楽しみでした。

2
歌詞 さすらい

👣 太平洋戦争中、フィリピン・ルソン島に駐屯・転戦していた兵士たちの間で歌われていた『ギハロの浜辺』です。

11