チラシ マイヤ

👉 日頃は格別のお引き立てを賜っておりまして誠にありがとうございます。

17
チラシ マイヤ

👋 2021-03-01 New 2021-02-20 2021-02-18 2021-02-08 2021-01-19 2021-01-11 2020-12-30 2020-12-30 2020-12-28 2020-12-25 2020-10-08 2020-10-08 2020-09-29 2020-09-09 2020-08-14 2020-08-10 2020-07-23 2020-07-17 2020-06-22 2020-06-08 2020-06-01 2020-05-30 2020-05-25 2020-05-18 2020-05-18 2020-05-06 2020-05-06 2020-05-05 2020-04-30 2020-04-30 2020-04-28 2020-04-27 2020-04-23 2020-04-23 2020-04-23 2020-04-23 2020-04-21 2020-04-18 2020-04-18 2020-04-18 2020-04-13 2020-03-27 2020-03-24 2020-03-19 2020-03-19 2020-03-10 2020-03-03 2020-03-01 2020-02-29 2020-02-28 2020-02-28 2020-02-28 2020-02-24 2020-02-21 2020-02-19 2020-02-18 2020-02-18 2020-02-13 2020-02-06 2020-02-01 2020-01-25 2020-01-23 2020-01-18 2020-01-18 2020-01-11 2020-01-06 2020-01-06 2019-12-16 2019-12-14 2019-12-12 2019-12-09 2019-11-26 2019-11-12 2019-11-06 2019-10-25 2019-10-05 2019-09-21 2019-07-03 2019-04-19 2019-03-25 2019-03-08 2019-02-19 2019-02-13 2018-10-22 2018-10-01 2018-08-02 2018-07-04 2018-03-26 2018-03-07 2018-02-19 2017-11-02 2017-08-08 2017-04-18. 沿革 1961年(昭和36年)9月 「(株)主婦の店大船渡店」として創業 1967年(昭和42年)2月 「綾里店」オープン 1969年(昭和44年)3月 資本金を500万円に増資 1972年(昭和47年)4月 「高田店」オープン 1974年(昭和49年)10月 「中央店」オープン 1975年(昭和50年)5月 資本金を2,000万円に増資 1979年(昭和54年)5月 「(株)シージーシージャパン」に新規加盟 1979年(昭和54年)10月 「(株)主婦の店大船渡店」を「(株)マイヤ」に商号変更 1979年(昭和54年)12月 初の第一種大型店「ショッピングプラザマイヤ」オープン 1980年(昭和55年)5月 「配送センター」開設(ドライグロサリーの荷さばき業務開始) 1981年(昭和56年)8月 「(株)及新」から経営譲渡を受け「(株)釜石マイヤ」を設立 1988年(昭和63年)12月 「フレッシュセンター」開設(寿司、弁当の製造業務開始) 1989年(平成元年)6月 大型店「マイヤ高田店」オープン 1991年(平成3年)9月 米谷春夫 代表取締役社長に就任 1992年(平成4年)8月 ディスカウントストア「マックス立根店」オープン 1993年(平成5年)4月 「(株)釜石マイヤ」を吸収合併 資本金を3,600万円に増資 1993年(平成5年)10月 大槌町のシーサイドタウンマストにキーテナントとして「マスト店」オープン 1994年(平成6年)9月 ディスカウントストア「マックス野田店」オープン 1995年(平成7年)5月 資本金を5,000万円に増資 1997年(平成9年)3月 「千厩店」オープン 1997年(平成9年)6月 資本金を7,500万円に増資 1998年(平成10年)2月 「フードマックス気仙沼バイパス店」オープン 資本金を9,600万円に増資 2001年(平成13年)1月 「青山店」オープン 2003年(平成15年)9月 「大船渡インター店」オープン 2006年(平成18年)10月 「仙北店」オープン 2007年(平成19年)6月 「滝沢店」オープン 2008年(平成20年)4月 「釜石店」オープン 2009年(平成21年)11月 「サンパルク店」オープン 2010年(平成22年)8月 (株)マークス、(株)フーズエム設立 2010年(平成22年)9月 北上MDセンター開設 2011年(平成23年)3月11日 東日本大震災で6店舗が被災 2011年(平成23年)8月 震災後、初めての新店舗「滝の里店」オープン 2011年(平成23年)12月 「マスト店」「赤崎店」オープン 2012年(平成24年)3月 「アップルロード店」オープン 2012年(平成24年)7月 「大船渡店」オープン 資本金5,000万円に減資 2013年(平成25年)4月 本社を大船渡市盛町に移転 2013年(平成25年)5月 「青山店」リニューアルオープン 「アルテ桜台店」改装 2013年(平成25年)7月 「野田店」スクラップ&ビルドオープン 2013年(平成25年)10月 新ポイントカード誕生 2014年(平成26年)1月 「大船渡インター店」改装 2014年(平成26年)12月 「滝の里店」閉店 「竹駒店」オープン 2015年(平成27年)2月 「千厩店」リニューアルオープン 2015年(平成27年)4月 (株)フーズエムよりアルテ桜台店を営業譲渡 2016年(平成28年)6月 「新・大船渡店」開店 「マイヤホームページ」リニューアルオープン 2017年(平成29年)1月 「気仙沼バイパス店」閉店 「気仙沼北店」開店 2017年(平成29年)4月 「竹駒店」閉店 「高田店」開店 2017年(平成29年)5月 「仙北店」改装 2018年(平成30年)2月 「花泉店」開店 2018年(平成30年)3月 「気仙沼バイパス店」開店 2018年(平成30年)11月 「滝沢店」改装 2019年(令和元年)2月 「大船渡インター店」小改装 2019年(令和元年)5月 「㈱片浜屋」から経営譲渡を受け 気仙沼古町店、田中前店、はまなす店の営業開始 「アルテ桜台店」改装 2019年(令和元年)10月 「片浜屋はまなす店」閉店 「マイヤ本吉はまなす店」開店 「米飯センター」稼働 2020年(令和2年)1月 「片浜屋古町店」閉店 2020年(令和2年)2月 「片浜屋田中前店」閉店 「マイヤ田中前店」開店 2020年(令和2年)2月 「青山店」改装 2020年(令和2年)7月 「マスト店」小改装 2020年(令和2年)9月 「マイヤ北上精肉プロセスセンター」稼働. 弊社は1960年(昭和35年5月)のチリ地震津波の翌年、1961年(昭和36年9月)最大の被災地大船渡市に創業、そして創業50周年を迎えた2011年3月11日の東日本大震災で甚大な被災を被りました。 定期健康診断受診率(実質100%)• 健康情報の定期提供• そして3. 5つの取り組み• 私ども(株)マイヤは単なるビジネスとしてスーパーマーケットを経営しているわけではありません。 受動喫煙対策に関する取組• 食生活の改善、運動機会の増進などに向けた取組• 受診勧奨の取組• 病気と仕事の両立支援 パートナーシップ構築宣言 経団連会長、日商会頭、連合会会長及び関係大臣 内閣府、経産省、厚労省、農水省、国交省 をメンバーとする「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」において、「パートナーシップ構築宣言」の仕組みを創設しました。

6
チラシ マイヤ

🤫 店舗を通じて商品を提供することを手段とし、地域のお客様方が健康で豊かな食生活を実現することを目標としております。 。

6
チラシ マイヤ

😝 「パートナーシップ構築宣言」は、サプライチェーンの取引先や価値創造を図る事業者の皆様と連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築することを、企業の代表者の名前で宣言するものです。 結果的に、スーパーマーケットが地域の暮らしに必要不可欠な存在であることが立証され、電気や水道などと同様にライフラインを担う業種だということ認識が深まりました。 岩手県では脳卒中による死亡率が高いため、全社を挙げて減塩・野菜接種に取り組み、「食」を通じてお客様及び従業員の健康に貢献します。

11
チラシ マイヤ

🍀。 。

チラシ マイヤ

✇。 。 。

チラシ マイヤ

⌛。 。

チラシ マイヤ

👇。 。

9