マーカー ゴールド ガンダム

😭 このマーカーでチョンチョン、って塗ってあげます。 エアを出す噴射ボタンも1段階しかないしエア圧を調整するネジなども無いので、調整としてはペンの位置と塗料をどのぐらいペンに充填するかで決まります。

7
マーカー ゴールド ガンダム

☺ 重ね塗りも可能ですが、その場合は十分に乾燥させてからが良いです。 作る模型によって「どの金が似合うのか?」を考えて選ぶようにしましょう。 MEMO同様のシステムには、イラストを描く時に使用するコピックマーカーを使ったコピックエアブラシがあります。

10
マーカー ゴールド ガンダム

☎ メタリックカラーGXは缶スプレーが発売されていません。 そこでこのパーツも同様に塗装することにします。 もっと大きなサイズになると面積も広くなるので、本格的なエアブラシが必要かもしれませんね。

マーカー ゴールド ガンダム

👌 塗ってない方との比較。 まとめ:金メッキにつや消しスプレーすると艶はなくなります 上記の結果から分かる通り、 金メッキにつや消しスプレーすると艶が無くなります。

15
マーカー ゴールド ガンダム

😎 つまりシステム構成も「ガンダムマーカーエアブラシシステム」とまったく同じです。 テスト吹きをすると塗料が噴射されているのが見えると思います。

13
マーカー ゴールド ガンダム

🙃 塗装用のブルー・レッド・イエロー・ホワイト・ガンメタルは、アルコール入りウェットティッシュで擦ってもなかなか塗膜は剥がれません。 今回は滲む事はありませんでしたが、厚塗りはしないようにしましょう。 ポスカのピンク 比較用 となります。

マーカー ゴールド ガンダム

🙃 そこで、エアブラシと行きたいところですが、初心者にはハードルが高く中々踏み切れない人も多いのではないかと思います。 一般的に使われているクレオスのL5やL7は約3万から4万円、タミヤのベーシックコンプレッサーや造形村エアテックスで2万から3万超、プチコンが2万円を切るぐらい、メテオなどが1万を切るぐらい。 ちょうど衣類のシミ抜きに似ていますね。

4
マーカー ゴールド ガンダム

✇ 拭き取るときのコツは、ティッシュで塗装面を撫でると溶けた塗料が広がってしまうので、押さえたり軽くたたくようにする事です。 これだと筆の太さを変えれば、広い面も狭い面も塗装が可能になります。