栄一 名言 渋沢

👣 どうすればいいのか迷っているときや、どうすれば成功するのか悩んでいるときには、是非思い出してみてください。 今回の新紙幣、 一万円券(一万円札)の肖像に決まったのが 明治・大正期を代表する実業家・渋沢栄一。

3
栄一 名言 渋沢

😗 渋沢栄一の名言 日本では人知れず善いことをするのが上である。 しかし、大隈重信に説得され大蔵省に入ります。

15
栄一 名言 渋沢

♻ 渋沢栄一 余はいかなる事業を起こすにあたっても、 利益を本位に考えることはせぬ。 それを聞かないうちに、 いきなりけしからん奴だと怒ってもはじまらない。

20
栄一 名言 渋沢

👋 自分一人が金儲けをする気は毛頭ない。 貧賤を憂えてはならない。 けれども、情愛ばかりだと感情に流されてふらふらしてしまうので、うまくいきっこありません。

6
栄一 名言 渋沢

⌚ どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。 幕府を倒したい側と幕府を守りたい側で、 掲げているものが違うのに。

14
栄一 名言 渋沢

😒 渋沢栄一の名言15「智・情・意の三者が権衡を保ち、平等に発達したものが完全の常識だと考える。 渋沢栄一の生まれた渋沢家は藍玉の製造販売と養蚕、また米や野菜の生産も行う豪農です。 老いぼれの身でどれだけ役に立つかわかりませんが、出来るだけのことはいたしましょう。

栄一 名言 渋沢

✊ 人の自立は人生の根本と説いています。 今回の紙幣の肖像に使われる渋沢の写真は、明治42年(七十歳頃)のもの。

栄一 名言 渋沢

👎 相手の大変さが分かれば相手を気遣うことができます。 スポンサードリンク 1 一人ひとりに天の使命があり、 その「天命」を 楽しんで生きることが 処世上の第一要件である 2 身体はたとい 衰弱するとしても、 常に学問を進めて 時代に遅れぬ人で あったならば、 いつまでも精神に 老衰ということは なかろうと思う 3 一個人のみ 大富豪になっても 社会の多数がために 貧困に陥るような 事業であったならば どんなものであろうか。

5