吉本 混沌

💢 『洟をたらした神』彌生書房、1975年4月、普及版。

11
吉本 混沌

🤭 番組では「お前ら(村上ショージ)とか、次課長とか、中川家を添えて(営業を)やったら、お客さんも喜ぶ。 沖縄には手術ができる病院がなく、福岡まで行って手術をした。 私が吉本から学んだ最も大きなものは、「その姿勢」だったのかもしれません。

8
吉本 混沌

☕ 2020年の混沌さんはノリノリ 髪型もアシメトリヘアーにカットしてイケメンになった気がします! 似合ってると思いませんか?なかなかのイケメンかなと思いますけど やっぱり叩かれているのは仕方ない。 吉本自身、それを意識して書いている節もあります。

10
吉本 混沌

🌏 著書 [ ]• 「維新と敗戦」「バッシング論」等、著書多数。 ここまでやる会社に憤りと怒りを感じています」と声を荒らげた。 学校も辞めました、それに関連して、実質。

10
吉本 混沌

🐾 あの上司が嫌いだ、この研究者とはそりが合わない等々、人間の関係性には、論理以前に必ず好悪の感情がまとわりつく。

7
吉本 混沌

🤚 もはや芸能界引退を避けられない状況下で、周到に論点をすり替えて吉本の体質を追及。

13
吉本 混沌

😉 そして、「なぜこの本が書かれたのか」を解き明かすために序文を徹底的に読み込むこと、結論部分がこの著作には書かれていないので、同時期の講演集などからそれに代わるものを読み出ししていくこと……という二つの魅力的なプランを提示してくれました。

8
吉本 混沌

🤭 大崎会長がいなくなったら僕も辞める」と発言したことに対しても意見を述べた。

16
吉本 混沌

🖕 43,391 views• 転じて、物事に対して無理に道理をつけることを「渾沌に目口(目鼻)を空ける」と言う。 それを分析していくと、国家形成は「罪の自覚」「倫理の発生」「法の形成」といったプロセスを経ることがわかる。