意味 踏まえる

♥ 下に「踏まえた結果」を使った例文をまとめていますので参考にしてください。

13
意味 踏まえる

😙 踏まえてという言葉は「ある事を前提として」以外にも「そのことを理解して」「あらかじめよく考えて」「そのことが分かった上で」という意味として使うことができる言葉です。

6
意味 踏まえる

😋 接続詞の場合は、ひろがな表記「ふまえて」を使う 「踏まえて」には原型の「踏む」というのニュアンスはなく、 接続詞的に使うので、ひろがな表記するのが正しいです。 しかしビジネスシーンでは「以上を踏まえた上で」や「反省を踏まえまして」「結果を踏まえる」などのような言葉としてよく使われます。 ・彼女の療養が長期化することを前提としてチーム全体でサポート体制を組みます。

意味 踏まえる

💓 踏まえてには「あらかじめよく考えて」や「そのことを理解して」という意味があります。

6
意味 踏まえる

⚑ 「現状のことを考える」のであれば、「を」で間違いないのですが、「現状に照らし合わせ、現状以外のことを考える」ため、正しくは「に」になるのです。

19
意味 踏まえる

🙃 「踏まえて」でもかしこまった表現であるため失礼ではありませんが、ビジネスシーンや文章などではより丁寧な言い回しを心がけ「踏まえまして」と使用すると印象がいいでしょう。

意味 踏まえる

💅 どちらを使った方が適しているかは、手本にした程度なのか、丸々それが盛り込まれているのかの違いだと考えると分かりやすいでしょう。 前提としては「物事が成り立つために前もって満たされていなければならない条件」「ある物事を始めるにあたって必要であること」という意味で使うことができる言葉です。 まず、「あることを前提とする」という意味での類語です。

9
意味 踏まえる

⌚ 顧みるの顧には、振り返って見る、見回す、思いを巡らす、心をある方向へと向ける、心にかけて思うといった意味があります。

19