現在地 バッタ

🤣 1300万人々が深刻な食糧危機に陥ってしまっているとのこと。 それにより 日本列島に到達することはなさそうとのことです。 最初はアフリカ東部の ケニアやエチオピアとその周辺で群れを成します。

2
現在地 バッタ

🤙 今までのFAOのデータによると、イラン、パキスタン辺りの高原から引き返してくるようです。 「新羅本紀第十 元聖王」に「秋七月 蝗害穀…(中略)…秋九月、國東蝗害穀。

5
現在地 バッタ

💔 続編となる『インガルス一家の物語3:プラム・クリークの土手で』で蝗害が物語の転機となる。 現在の繁殖による新しい群れは、6月中旬以降に発生し、収穫の開始と同時に発生します。

現在地 バッタ

🐝 2019年末に第一波が襲いましたが、その第一波が生んだ卵が孵化し、20倍にもなった大二波の大群が農作物を食い荒らし、えさを求めて大陸を移動し続けています。

14
現在地 バッタ

❤️ 中国に侵入できるのは少数のグループになりそうです。

7
現在地 バッタ

⚒ 砂漠のような過酷な環境で生き残れるくらいですから、これが水に恵まれると急に元気になって大繁殖することがあります。 下の画像が5月4日のリスクマップ 中国や日本にサバクトビバッタは侵入するのか? インドまでサバクトビバッタが来ているのなら、隣接する中国にも侵入し、いずれに日本にも来るのでは?と思ってしまいますよね。 イナゴの大群は東アフリカで発生、ソマリア、エチオピア、ケニア、南スーダン、ウガンダ、中国、インドが主な被害地となっています。

10
現在地 バッタ

😝 住宅や庭がイナゴで覆いつくされ、住民は窓を開けることすらできなかったという。 日本としても完全に安心できる状況ではないかもしれませんね。 現代でも蝗害は無くなったわけではなく、夏にはを飛蝗が襲っており、1平方メートルあたり350-500匹、飛来面積は220万畝に上っている。

現在地 バッタ

💅 メスの成虫は70~90mm にもなっていると言われています。 写真あり。 サバクトビバッタは、高度は海抜2,000mまで上昇することが出来るが、それ以上は気温が低すぎ、上昇できないとされている。